アイフル編

本ページでは、アイフルを相手とした場合の過払い請求における特徴や、過払い金返還に成功した方の体験談などをご紹介していきたいと思います。

アイフル相手の過払い金請求。そのポイントは果たして?

ではまず、アイフルの会社としての特徴を見ていきましょう。

同社は、アコムやプロミスなどとは異なり、大手銀行の傘下には入っていない、いわゆる独立系の消費者金融業者になります。とは言え、消費者金融業者の中では大手を担っており、近年では人気お笑いタレントさんを起用したテレビCMなども積極的に放映しています。

そんなアイフルですが、大きく留意しておかなければならない点があります。

同社は2009年に倒産の危機に瀕しており、「事業再生ADR」の申請をしたという事実があります。あまり耳慣れない言葉ですが、簡単に言えば、経営再建を目的に第三者機関の仲介のもと、アイフルに融資している銀行等に対して、債務の返済の猶予などを交渉するという手続きです。その甲斐あってか、倒産はまぬがれ、前述の通りテレビCMも積極的に放映しています。

しかしながら、前述の通り、同社は銀行傘下ではなく独立系のため、財務状況が再び悪化しないとは言い切れません。

かつての武富士のように、倒産してしまい過払い金請求が不可能になる可能性もありますので、過払い請求をお考えなら、可及的速やかに行動を起こすべきと言えるでしょう。

また、アイフルへの過払い金請求の際、論点となるポイントとして、次のようなケースがあります。

同社には不動産担保ローンという商品があり、消費者ローンから乗り換えた場合、その時点で取引は終了しており、切り替え以前に発生していた過払い金は時効により消滅している、という主張がされるケースです。

類似の案件では、過払い金の時効を認めた判例が数多く見られていますので、専門家への協力を仰いだ方が賢明です。

さらには、裁判となった場合、以前は、第1審の裁判所で支払いを命じる判決が出たら、素直に全額の支払いをすることが多かったのですが、最近は、ほとんどのケースで控訴してきます。この点も留意しておくべきです。

もうひとつ、同社では過払い金を返還する際に、直接本人に為替で送金する場合があります。

このような方法でも問題ない方はよいのですが、例えばご家族に内緒で返還を望んでいる方には、いささか具合が悪いと言えるでしょう。内容証明郵便で返還方法を通知するなどの必要があります。

ではここで、アイフルを対象として過払い金請求を行った方の体験談を見ていきましょう。これから請求を行う方は、ぜひ参考にしてみてください。

Aさん:ご夫婦の入院費用のための借金を一挙解消

主人と私の双方の入院費用の工面のため、消費者金融から借り入れては返すというのを10年以上続けており、いささか疲れ果てていました。

そんな折、過払い金請求のことを知り、アイフルの65万円をはじめ、5社で合計500万円以上の返還を受けることができました。

Bさん:予想以上の返還金を新たな事業資金に

合計6社取り引きが7年~20年続きました。過払い金返還のことを知り、計算してみたところ、

アイフルの117万円を筆頭に、合計800万円超の現金が戻ることになりました。

もちろん依頼した専門家が尽力してくれたおかげです。このまとまった現金を、あらたな事業資金とすることができ、大変助かりました。

Cさん:切り崩した財形貯蓄分以上を奪還

平成不況による給与の減額で、借金返済のために消費者金融という自転車操業を繰り返していました。

ついには苦しい中からこつこつ蓄えていた財形貯蓄を解約して、借金を全額返済しました。そんな忸怩たる思いのなか、過払い金請求ができることを知り、専門家に依頼。

アイフルの42万円をはじめ、3社合計で200万円弱を取り戻せ、解約してしまった財形貯蓄分を上回ることができました。